借入するなら総量規制対象外

総量規制でも借入可能なカードローン一覧

総量規制でも借り入れできるところは・・・

総量規制は過剰な貸付を防止するのを目的としているため、過剰貸付を特に生み出す危険がないような貸付は規制対象外となります。具体的には自動車担保ローン、有価証券担保ローン、手形の割引、高額療養費の支払いのための貸付や住宅ローン・リフォームローン、不動産担保ローンなど担保が設定されていたり、返済原資が明らかになっているものが対象外とされています。ですがクレジットカードで現金を借りる場合など一般的なキャッシングと呼ばれるシステムは総量規制の対象となってしまいます。
また、あまり知られてないですが、個人向けの融資であっても、銀行からの融資であれば総量規制の例外であり、対象外です。
一口にカードローンといっても消費者金融のカードローンであれば総量規制対象、銀行本体のカードローンであれば総量規制対象外です。
そのため、すでに借入のある人からは、昨今は銀行のカードローンに人気が集中しています。